ED治療薬を服用するならば食事は控えめに

腹が減っては戦が出来ぬとばかりに、がつがつと食べたあとにED治療薬を服用したら、どのような状態になるでしょうか。
タイミングによっては、薬が身体に吸収されるタイミングが遅れるので、薬の効果の持続時間が長くなり良かったことにもなるのでしょうが、やはり、ED治療薬を服用する直前の暴飲暴食は基本的には控えるべきでしょう。
昔の武将たちでも腹ごしらえをするのは、戦いの相当前なのです。
現代のセックスだって全く同じ事だと考えます。
ガツガツ飲み食いした後ではセックス自体の欲求よりも眠気が差してくるかもしれませんからね。
ED治療薬は、海外で市販されているものに比べると日本はカプセル当りの単価がお高いです。
貴重なお薬を有効に使うためにも、ED治療薬を服用するなら気をつけたい食事というものがあるはずです。
たとえば気分を高めるためにお二人でワインやブランデーを飲むことは、いざ鎌倉のときに力を貸してくれる働きがあります。
これは経験上ですが、女性でも男性でも多少のアルコールは性感を高める働きがあるのです。
これを、ある人などは影武者と称しています。
(私の友達です^^)
ED治療薬と食事の関係は未だ良く解明されていない世界ではありますが、関連サイトのドクターのお言葉を引用させていただきました。
「食後2時間以上置いて服用することを推奨しています。
とくに食後に服用する際は、過食や油ものを避けてできるだけあっさりした食事にするとよいでしょう。

というわけで、ED治療薬は食前に服用が基本なのです。